ベトナムは日本語を話せる人が多いく日本にとって進出しやすい環境

Sitemap

ベトナムの夜景と男性

ベトナムにコールセンターが増える訳

ベトナムの夜の風景

タイやインドネシアなど日本の企業は東南アジアに進出しています。中でも、ベトナムは2012年から2013年まで日本はベトナムにとって最大の投資国でした。円安の影響もあって前年比マイマスになっていますが、以前高い投資額を保っています。ベトナムに進出した日系企業のコールセンターが多いそうです。先日、知り合いが、パソコンの調子が悪く、サポートセンターへ話をしたそうです。日本語対応ではあったけど、なんとなく違和感があり、あとで電話がどこにつながったのか調べたそうです。そのメーカーのサポートセンターはベトナムにあったそうです。
日本企業が、ベトナムのコールセンターを置くメリットはなんと言ってもその「人件費の安さ」ではないでしょうか。さらに、「ベトナムの教育水準の高さ」や日本人に近い「勤勉な国民性」、中国のような「反日感情がない」などのメリットがあげられます。大学で日本語を学ぶ学生も多いため、ベトナム人の日本語レベルは優秀とのことです。
ベトナムの人件費の安さ、日本語を話せる現地スタッフが多いことは日本にとって進出しやすい環境になっています。人件費が日本の10分の1のベトナムにコールセンターを置き、サポートデスク業務やヘルプデスク業務を日本向けに行なえば、日本のコールセンターより安くアウトソーシングすることができます。
将来的にもベトナムに日系企業のコールセンターは増えていくのではないでしょうか。

Latest Information

  • ベトナムにコールセンターが増える訳

    ベトナムの夜の風景

    タイやインドネシアなど日本の企業は東南アジアに進出しています。中でも、ベトナムは2012年から2013年まで日本はベトナムにとって最大の投資国でした。円安…

    2016年10月14日

    » More

  • ベトナムはIT企業が多い

    電話中の男性

    最近はベトナムではIT企業が多くなってきているのです。その中には日本から進出したIT企業もたくさん存在しているのです。それはなぜかというと理由があります。…

    2016年10月14日

    » More

  • ベトナムはどのような人材が多いのか

    腕を組むサラリーマン

    ベトナムはどのような人材が多いのかということを知りたい人は多いでしょう。最近では、ベトナムに日本から多くの企業が進出するようになりました。それには、きちん…

    2016年10月14日

    » More

  • ベトナム進出する際での注意点

    キャリアウーマン

    親日感情が凄く強い国であるベトナムですが、主要用語に関しては全てベトナム語となります。会社・政府関係者・日本人の留学生以外の一般人は、ベトナム語しか話せな…

    2016年10月14日

    » More

TOP