ベトナムは日本語を話せる人が多いく日本にとって進出しやすい環境

Sitemap

ベトナムの夜景と男性

ベトナムに進出する日本企業の業種

タイやインドネシアなど、日本の企業は東南アジアに多数進出しています。中でも、ベトナムは2012年から2013年まで日本はベトナムにとって最大の投資国でした。ここ数年は円安の影響もあって前年比マイマスになっていますが、以前高い投資額を保っています。
日本が、ベトナムに進出するメリットはなんと言ってもその「人件費の安さ」ではないでしょうか。
また、「ベトナムの教育水準の高さ」や日本人に近い「勤勉な国民性」、中国のような「反日感情がない」などのメリットがあげられます。先日、知り合いが、パソコンのサポートセンターへ電話をした時に、日本語対応ではあったけど、なんとなく違和感があり、電話がどこにつながったのか調べたそうです。そのメーカーのサポートセンターはベトナムにあったそうです。ベトナムには日系企業のコールセンターが多いそうです。
大学で日本語を学ぶ学生も多いため、ベトナム人の日本語レベルは優秀とのことです。さらに、人件費が日本の10分の1のベトナムにコールセンターを置いて、サポートデスク業務やヘルプデスク業務を日本向けに行なえば、日本のコールセンターより安くアウトソーシングすることができます。
ベトナムの人件費の安さ、日本語を話せる現地スタッフが多いことは日本にとって進出しやすい環境になっており、今後もベトナムコールセンターは増えるのではないでしょうか。

ベトナム進出・会社設立の壁

煩わしい書類を提出する機関・領事認証・ベトナム語翻訳などを代表として、ベトナム進出して、会社を経営させる際では何かと大変です。但しそれぞれの工業地帯により、日本側の窓口が存在したり、日本語のフォーマットを準備しているケースだと、ベトナムへと直接向かうずに、会社をスタートさせる事が出来ます。
ベトナム進出により、事業を順調にやって行く過程において、最も大切な要素となるのがスタッフです。日本語をただ単に話せるような、ベトナム人従業員だけでなく、日本国内へと滞在していた体験がある、有能なスタッフを何とか集めて行き、上手く働かせて行かなくてはなりません。
例えば自らの工場をベトナム進出させる時には、必ず心強い助っ人になり、指示した通りの業務をしっかりと熟して行きます。工場の経営者は、主に税務・会計・外部交渉の仕事とは別に、他にも様々なタイプの業務内容がある為、どうしても集中出来ない場合があります。サポート体制が万全に整っている工業団地なら、上記の面倒な手続き関連を、団地内により全部済ませて行き、1番肝心となる労働者との話し合いや、工場操業に要する時間などを、上手くカット出来るようになります。
工場をきちんと支えているのは、日本やベトナムなどに一切関係なく人間です。ですので雇っているスタッフ達が、完璧に落ち着いて、能力を遺憾なく発揮出来るような、魅力的な環境を上手に作って行かなければなりません。

なぜ今ベトナムなのでしょうか?

ベトナムでは約半数が25歳以下です。ベトナム戦争のためとも言われています。日本の戦後と似たような状況がベトナムにおこっています。ビジネスにおいて正に経済成長する事がわかっている状況に差し掛かっているのです。
そんなベトナムに日本の企業が進出しています。経済成長が見込まれている以外に何があるのでしょうか。ベトナム人は勤勉で素直という日本とよく似た要素を持ちます。また国民性は非常に明るく素朴で物事に対しても一生懸命取り組む人種です。手先の器用さや組織に従うという従順さも日本人と非常によく似ています。これは他の国ではあまり見られる事ではありません。また親日国であり日本人との文化的な親和性が高い事も理由の1つに挙げられます。中国、韓国などは対日感情が激しくビジネス上のパートナーとしては厳しいのです。
また若者の多いベトナムですが国策としてIT人材育成を進めており若くて優秀なエンジニアが豊富という事も理由の1つです。その他、ベトナムは社会主義共和制国家で一党独裁政治が行われています。国民のほとんどが仏教を信仰していて思想が統一され安定しています。原油、石炭、石油等の天然資源にも恵まれています。
これらの理由により日本企業の進出も著しいものがあります。それと同時に駐在日本人の数も増え、ベトナム在住の日本人に向けてのビジネスも増えつつあります。今海外に進出といえば間違いなくブラジルなのでしょう。

Latest Information

  • ベトナムにコールセンターが増える訳

    ベトナムの夜の風景

    タイやインドネシアなど日本の企業は東南アジアに進出しています。中でも、ベトナムは2012年から2013年まで日本はベトナムにとって最大の投資国でした。円安…

    2016年10月14日

    » More

  • ベトナムはIT企業が多い

    電話中の男性

    最近はベトナムではIT企業が多くなってきているのです。その中には日本から進出したIT企業もたくさん存在しているのです。それはなぜかというと理由があります。…

    2016年10月14日

    » More

  • ベトナムはどのような人材が多いのか

    腕を組むサラリーマン

    ベトナムはどのような人材が多いのかということを知りたい人は多いでしょう。最近では、ベトナムに日本から多くの企業が進出するようになりました。それには、きちん…

    2016年10月14日

    » More

  • ベトナム進出する際での注意点

    キャリアウーマン

    親日感情が凄く強い国であるベトナムですが、主要用語に関しては全てベトナム語となります。会社・政府関係者・日本人の留学生以外の一般人は、ベトナム語しか話せな…

    2016年10月14日

    » More

TOP